アートの寺子屋

Arrow
Arrow
Slider

アートの寺子屋について

学校で習った美術史の授業なんて全然覚えてない。
せっかく美術館に行ったのに、もっと知識があったらなぁ。
ギャラリーって何か敷居が高くて・・・。
アート作品ってどうやって買ったらいいの?
価値あるアートってどうやって見分けるの?

。。。などなど、学校では教えてくれなかったアートの楽しさを、もう一度一緒に学んでみませんか?というお声がけから2012年にスタートしました。

毎月1回、学芸員やアーティスト、専門家の方々をお呼びして講義をしていただき、それについてワインを片手にみんなでアート談義をしています。
(*2017年度は不定期開催)

もちろんどなたでも参加可能。基本的にアート初心者の方々ばかりです。

また2014年からは、オリンピックに向けて少しでも我が国日本の美術をもっと知ろう!をテーマに、特別編NIPPON ARTとして日本美術を中心に開講しています。

“正解”という答えを必要としないアートの特性を活かしながら、お互いに感想を述べ合い語り合うことを通じて、実はアートが仕事を含む我々の実生活、人生にとって必要不可欠なもので、とても結びついているものなのだ、ということを発見してもらえる場作りを目指しています。

コンセプト

受講対象者

exartアカデミー

アートの寺子屋の特徴

exartアカデミー

過去のプログラム一覧

exartアカデミー

【第1期】 超初心者のための仏教美術入門
根津美術館 学芸第一課長 白原 由起子さん
1月 : 「仏教絵画のみかた - 図像と表現」
2月 : 「根津美術館コレクションを楽しむ -名品から珍品まで-」
3月 : 「『ほとけの教え、とこしえに』展を楽しむ -如来と羅漢-」

【第2期】 平等院鳳凰堂大特集
サントリー美術館 学芸員 佐々木 康之さん
4月 : 「仏教彫刻って何ですか?」
5月 : 「平等院と時代性 1 -天才仏師・定朝-」
6月 : 「平等院と時代性 2 -飛天について-」

【第3期】 山の正倉院・高野山
7月 : 「THE 高野山」
8月 :「キュートな運慶の八大童子」
9月 :「カッコいい仏像・運慶と快慶」

【第4期】自然信仰から神社仏閣へ
宗教家・牧野 宗永さん / 明治神宮・黒田 泰三さん
10月 : 「秋のアート遠足 -九品仏・浄真寺-」
11月 : 「日本人の文化の母胎 富士山 -芸術と信仰-」
12月 : 「黒田先生と歩く明治神宮」


exartアカデミー

【第1期】 情感感情の極み -長谷川等伯-
出光美術館 学芸部長 黒田 泰三さん
1月 : 《松林図屏風 1》「なぜこれが国宝なの?」
2月 : 《松林図屏風 2》「屏風にひそむミステリー」
3月 : 《智積院障壁画 1》「なぜこれも国宝なの?」
4月 : 《智積院障壁画 2》「知っておくべき誕生秘話」

【第2期】 “文人画" 超入門 -自娯の絵画-
5月 : 「文人画って何ですか?」
6月 : 「文人画家対決  田野村竹田 vs 浦上玉堂」
7月 : 「竹田の代表作スケッチアルバム・亦復楽帖」
8月 : 「つよい悲しみは美しい絵画になる・梅花書屋図」

【第3期】 遊楽、そして恋 -近世風俗画-
9月 : 「近世初期風俗画の成立ち」
10月 : 「一夜の恋、純粋な恋・桜下弾弦図屏風」
11月 : 「遊びにふける人間そのもの・桜下宴遊図」
12月 : 「洗練されていく人間美・遊里風俗図」


exartアカデミー

【第1期】 情感感情の極み -長谷川等伯-
出光美術館 学芸部長 黒田 泰三さん

【第1期】 日本絵画はマンガの原点!?
1月 : 《絵巻物の見方1》「国宝・伴大納言絵巻」 平安時代
2月 : 《絵巻物の見方2》「伴大納言絵巻 vs 吉備大臣入唐絵巻」 平安時代
3月 : 《絵巻物の見方3》「橘直幹申文絵巻 vs 福富草子」 鎌倉〜室町時代
4月 : 《精神世界と日常世界》「四季花鳥図屏風 vs 日月四季花鳥図屏風」 室町時代

【第2期】 いざ、対決マッチ!
5月 : 《英雄たちの好んだ絵画 前編》「狩野永徳 vs 長谷川等伯」 桃山時代
6月 : 《英雄たちの好んだ絵画 後編》「狩野永徳 vs 長谷川等伯」 桃山時代
7月 : 《叙情的絵画と瀟洒な絵画》「狩野光信 vs 狩野探幽」 桃山〜江戸初期

【第3期】 ブラボー、江戸時代!
8月 : 《庶民たちの日常生活を描く絵画 1》「洛中洛外図屏風 vs 江戸名所図屏風」 江戸時代初期
9月 : 《庶民たちの日常生活を描く絵画 2》「舟木本洛中洛外図屏風 vs 彦根屏風」 江戸時代初期
10月 : 《庶民たちの日常生活を描く絵画 3》「彦根屏風」 江戸時代初期
11月 : 《庶民たちの日常生活を描く絵画 4》「寛文美人図と浮世絵美人図」 江戸時代
12月 : 《装飾絵画の極み、琳派》「俵屋宗達筆 風神雷神図屏風 vs 尾形光琳筆 紅白梅図屏風」 江戸時代


exartアカデミー

「ExART –アートの寺子屋」
1月 山種美術館 学芸部長 高橋美奈子さん : 「伊藤若冲」
2月 資生堂ギャラリー ディレクター 樋口昌樹さん : 「アーティストの育て方」
3月 太田記念美術館 学芸員 赤木美智さん : 「春の夜の春画展 」
4月 東京ステーションギャラリー 館長 冨田章さん : 「クリムトと世紀末美術」
5月 長應院住職 / 空蓮房房主 谷口 昌良さん : 「アートx仏教x現代」
6月 嶋田華子さん(梅原龍三郎の御孫さん) : 「ルノワールと日本-梅原龍三郎の眼を通して-」
7月 元上野の森美術館 館長 鈴木隆敏さん : 「歌麿「深川の雪」の再発見と「写楽」は誰?」
8月 西洋美術史家 笹山 美栄さん : 「アートとスキャンダル –ゴッホとゴーギャン-」
9月 汐留パナソニックミュージアム 学芸員 大村理恵子さん : 「ピエール・シャローとガラスの家」
10月 世田谷美術館 学芸部長 清水真砂さん : 「バーナード・リーチと民藝 –St.Ivesを中心に-」
11月 東京都写真美術館 学芸員 鈴木佳子さん :  「写真とは瞬間を撮るものですか? ー植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ の写真からー」
12月 12月 ポーラ美術館 学芸員 島本英明さん : 「ジャコメッティ –いかにして細くならねばならなかったのか?-」


exartアカデミー

1月 根津美術館 学芸課長・白原由起子さん : 「国宝・那智瀧図」展
2月 三菱一号館美術館 学芸課長・阿佐美淑子さん : 「クラークコレクション」展
3月 サントリー美術館 学芸員・池田芙美さん : 「歌舞伎−江戸の芝居小屋」展
4月 東京国立近代美術館 主任学芸員・保坂健二朗さん : 「フランシス・ベーコン」展
5月 山種美術館 学芸部長・高橋美奈子さん : 「百花繚乱」展
6月 ブリヂストン美術館 学芸員・賀川恭子さん : 「色を見る。色を楽しむ」展
7月 骨董“三彩”店主・白州實さん : 特別編「数寄者のこぼれ話」
8月 国立新美術館 副館長・南雄介さん : 「アメリカン・ポップアート」展
9月 出光美術館 学芸部長・黒田泰三さん : 「仙厓―その画をこう見ると?―」
10月 アートフェア東京 Chief Director 金島隆弘さん : 「2010年代のアートフェアとアートマーケット」
11月 静嘉堂文庫美術館 学芸員・大橋美織さん : 「日本人と風景の知らざれる絵画史」
12月 AAN代表/武蔵野美術大学講師・嘉藤笑子さん : 「SHUNGA-大英博物館の春画収蔵展をめぐって」


exartアカデミー

1月 サントリー美術館・学芸副部長 土田ルリコさん : 「ガレとジャポニズム」
2月 サントリー美術館・学芸員 安河内幸絵さん : 「誇り高き鍋島」
3月 山種美術館・学芸部長 : 「日本画ーアートでお花見」
4月 三菱一号館美術館・主任学芸員 阿佐美淑子さん : 「型紙と文様」
5月 出光美術館・学芸部長 黒田泰三さん : 「長谷川等伯を斬る」
6月 写真家・東京芸術大学准教授 鈴木理策さん : 「写真を撮るということ 」
7月 根津美術館・学芸課長 白原 由起子さん : 「青銅器から琳派まで」
8月 千葉大学工学部デザイン学科助教授 小原 康裕さん : 「ポスターデザインの黎明」
9月 太田記念美術館 学芸員 赤木千恵さん : 「大江戸ファッション事始め」
10月 Bunkamuraザ・ミュージアム 海老沢典世さん : 「白隠展-禅画に込めたメッセージ」
11月 出光美術館 学芸員 宗像晋作さん : 「琳派を愉しむ」
12月 出光美術館 学芸部長 黒田泰三さん : 「長谷川等伯を斬るⅡ」

トップへ戻る