ニュース一覧

ExARTアカデミーSTEP1 日本美術編 Vol.8が開催されました。

2017/08/03



 
いざ対決マッチ4 「洛中洛外図屏風 vs 江戸名所図屏風」
 
江戸時代になると世の中が安定し、いわゆる人々の日常生活を題材にした
「風俗画」が確立してきます。
 
日常生活の中の音や匂い、そういった臨場感がいかに感じられるか、が
風俗画の出来不出来に繋がると言われますが、今回の鑑賞のポイントは
「どの視点で見るか?」でした。
 

 
「洛中洛外図屏風」は”京都”の街中を描いたもの。
「江戸名所図屏風」は”江戸”の街中を描いたもの。
 
同じ街中の日常生活が描かれていますが、その目的が全く違う、つまり
画家の「視点」が違う、ということがじっくり絵を見ていくとよくわかるのです。
 
このようにただ画面を眺めるだけでは見えてこない見方で、作品ごとの目的や
絵師の立場も含めて鑑賞すると、そこには目には見えないけど確かに表現されている
”何か”を掴める。
 
これこそ、絵画鑑賞の本当に醍醐味と言えるでしょう。
 

2023/12/21
ExARTアカデミー2023後期の日本美術編全6回が無事修了です!
2023/10/23
環境危機に対してアーティストが問いかけるもの
2023/10/15
東博「やまと絵」展 鑑賞会を開催
2023/10/11
生成AIによる絵画再考、練馬区立美術館で
2023/10/03
松濤美術館で杉本博司展 開催中
2023/09/19
特集展示「横尾忠則ー水のように」開催中
2023/09/12
国重要文化財「遠山記念館」をたずねました



全てのニュースを見る
トップへ戻る